性教育を学びたいあなたへ

こどもに性の話を楽しく伝えられるようになります

ようこそパンツの教室in鹿児島へ。
こんにちはパンツの教室インストラクターのせりまりこです。
鹿児島の秘境錦江町から子供との絆、家族との絆を深める「性教育」を伝えています。

性教育を学びたい、でもどうやって学べばいいのかわからない。
学んでいるけれど、子どもへの伝え方がわからない!
そんなママが愛する我が子へ「楽しく明るく性教育を伝えるようになる」を作るパンツの教室in鹿児島のページです。ぜひ、お気に入り登録していつでもご覧ください。

●こんなお悩みありませんか

性教育を学ぼうと思われたきっかけは十人十色。さまざまです。
  • 我が子があそこを触っていて、心配なんです
  • 突然、変なこと聞いてきたんです
  • 赤ちゃんが欲しいって言われたんです
  • 最近性教育っていう言葉をよく耳にするんです
  • 可愛い娘を性の被害者にしたくないんです
  • 可愛い息子を性の加害者にしたくないんです
  • 子供に携わる仕事なんです
  • ニュースで性に関する悲しい事件が気になるんです
  • 実は私、性被害に遭っていたんです
  • そろそろ子どもが生理が始まる年齢なんです

どれかひとつでも当てはまったあなたは今すぐ私と性教育を始めましょう!

なぜかって?それは先ほどあげたのはほぼ全て私が性教育を学ぼうと思ったきっかけでもあるからです。

子育て中突然やってくるこんな場面


【こどもからの質問にたじたじ】

「ねえママ、赤ちゃんってどうやってできるの?」
「私も弟が欲しいから赤ちゃん作って」
→もちろん始めはうまく答えられませんよね。
『川から拾ってきたんだよー』『コウノトリがね。。。』
とりあえず、適当にかわしちゃえと思ってこんな言葉かけしていませんか?

【突然やってくる出来事】

・子どもがお布団の中でゴソゴソ。。。。
・息子がおちんちんを頻繁に触る
・ママのおっぱいをしきりに触ってくる
・異性の体が気になる
→『そんなところ触らないの!』と怒っちゃう
『なんて声かけようかな?』と迷ってしまう。

こんな疑問がある方必見!
こんな質問に答えられない方必見!

私たちは今まで性教育というものを受けてきませんでした。
学校の授業で男女が別々の部屋に分かれて、生理の話を聞く年には、性に関する話題は「いやらしい」「なんだか聞いてはいけない」。。。そんな認識だったと思います。

あなたは生理を親に言えましたか?
わたしは言えました。赤飯を炊いてもらった記憶もあります。
でも、今生理が始まったことを親に言えず、自分で生理用品を買いに行く子。
出血があったことを「生理」と認識できず、[病気ではないか]と悩む子までいるのです。

はたまた男子の精通に関してはどうでしょう?
生理の知識はあっても、精通の知識がほとんどないのが世の中のお母さん。
だって、男の子の体の仕組みや心の変化なんて、今まで誰も教えてくれませんでしたから。

これからの日本の性教育は確実に変わっていきます。
これを読んで下さっているあなたは、きっと最先端を走るママに違いありません。あなたが学んだことを、お子様、パートナー、周りの方々に広めてください。性教育の重要性を伝えてください。

我が家が性教育を学ぼうと思ったきっかけ

福岡育ちの私は、小学校1年生の時に初めて痴漢に会いました。
それから大学生になるまで、何度か痴漢にも会いましたし、露出魔にも遭遇しました。高校への通学電車では、胸の大きい友人が被害に遭っていました。

結婚して現在住んでいる田舎町へ越してきた時思ったこと。
それは、この大自然で子育てしていれば娘や息子が私と同じ経験をしなくて済む。

そう思ったのも束の間。
田舎でも痴漢はいますし、今の時代はスマホやSNSをお子様が使うのは当たり前!そういった事件がニュースになることも珍しくありません。

私にもできる?
受講するのが不安だなぁ。。
そう思ったあなたへ

  • 仕事が忙しくて性教育できる自信がありません。
    →分かります。私も平日は会社事務をしながら、2人の子育て、主人の仕事の手伝いをしているワーママです!私ができたんだから、できない人はいません!少しの知識と声かけで、どんどん性教育ができて楽しくなります♪

  • フルタイムで時間が取れません‼︎
    →そうですよね。そんな方のために講座は夜21:00以降から行っております。私も平日は仕事のため、平日の日中は講座を開講することができません。土日はご希望のお時間に開催いたしますので、お気軽にお声掛けください。
  • 夫の理解が得られません
    →はい!我が家もそうでした。「性教育の講座受けようと思うんだけど」と言ったところ、夫から「。。。え?」という戸惑いのリアクションでした。なので、体験会はこっそり受講しました。
    しかし、その後体験会で学んだことを主人に伝えたところ「性教育ってそんなに大事なんだ〜受けたら?」という言葉をもらい、受講。今では主人も積極的に性教育をしてくれます。夫婦で性教育について語れるってすごいですよね。
    大丈夫、初めはこっそり体験会へお越しください♪
  • パソコンを持っていません
    →パソコンがなくてもタブレットやスマホからの受講も可能です。

その他ご質問がございましたら、ご連絡ください

パンツの教室を受講するとこうなれます!

お子さんの、そしてあなたの自己肯定感が高まります。
・性に関する質問がワクワクします!
・なぜ、sexやキスをしてはダメなの?に答えられます。
・親子のコミュニケーションが深まります
・性に関して、なんでも相談してくれるようになります

他にももっともっといいことがたくさんあります。

ここには書ききれない我が家のビフォーアフターをぜひ聞きに来てください。

パンツの教室の講座紹介

パンツの教室では3つの講座をご用意しております。まずは体験会及び初級講座からお進みください。(中級講座は初級講座を受講後にいつでも受講可能です)

おお

パンツの教室体験会

まずはパンツの教室ってどんなところ?まずは講座の様子を見て見たいという方。どんなことが学べるのか知りたいという方。初級中級を受けたいけど、講師の人柄を見てみたいと思われているあなたはまずは体験会にお越しください!子育てをしてきた10年間の知識と性教育を学んで変わった我が家のおもしろ話をご披露します♪
性教育を明るく楽しくお伝えします♡

パンツの教室初級講座

初級講座では、性教育カードを使った遊びや、女の子、男の子の体の仕組みなどをお伝えします。1人っ子のご家庭や、同性兄弟姉妹をお持ちの親御さんにはとても勉強になったというお声をいただくと共に、男のお子さんをお持ちのお母様からは、「おちんちん、むく向かない問題」を聞きたかったんです!などご好評いただいている内容です。

パンツの教室中級講座

初級講座まで学ばれたあなた。もうすでにお子様へ性教育についてのお話はされていると思います。でも、まだまだ子供からの質問に答える自信がない!というお母様には具体的な質問にどのようにお答えするのかQ &Aを交えてお伝えいたします。また、女の子、男の子の体の仕組み(応用篇)。お子様へお渡しする命のアルバムを作成いたします。

受講生様の声

子どもが自分の体に興味を持ったようで、最近しきりにお股を触るようになりました。なんて声をかけたら良いか分からず受講しました。
このまま黙って見過ごそうと思っていましたが、講座を受けて、少しづつ声をかけていこうと思います。

せりまりこより 講座受講前に連絡をいただきありがとうございます。これからはいろんなタイミングで性教育をする「チャーンス!」と思えるようになりますよ。

体験会でみた「命のアルバム」が素敵でした。まりちゃんの息子くんへの愛があふれていて、性教育とは愛や命の大切さを伝える素敵なことだなと思いました。

せりまりこより ありがとうございます。幼稚園の先生として、園児のために性教育を学ぼうと思われるその想いに感銘を受けました。先生に指導される子どもたちは幸せですね。これからも一緒にアップデートして子供たちを守る知識をゲットしていきましょう!
『知識はお守り』です♪

インスタグラムを見て、性教育が気になり始めました。
「交尾」という言葉すら口にできない私が、性教育を子供にできるのか?と思いましたが、講座の中でバンバン性の単語を発するまりこさんを見て、私にもできるかもと思いました。

せりまりこより ご安心ください。「交尾」という言葉を言えない人は意外と多いんですよ。受講生さんの8割は「言えない」「いった事ない」とおっしゃいます。これは慣れです。きっと数ヶ月後には、子供に伝えられるようになってることでしょう。

子育て中のママがみんな楽しく子育てができているわけではありません。
子育てが辛い、子どもが可愛くない、そう思ったら誰かに助けを求めてもいいのではないでしょうか
。性教育を通して、子どもへの愛を見いだすこともできるのではないでしょうか。

性教育でママの笑顔を増やすことができると思います。
実際に講座を受けた後のママたちはみんなキラキラしてます。子供に「生まれてきてくれてありがとう」を早く伝えたい
。もっと伝えたい。そんなママが1人でも多く増えますように。

日本中に幸せいっぱいのママが増えますように。